読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブになりたいネガティヴ日記

ダメ人間だけど頑張りたい

光と出会ってしまって

その道の人からしたらこれから私が書くことは実に滑稽に思えてしまうかもしれないが、私は光の謎に取り憑かれてしまった。

光工学の本を読んでいる途中で様々な謎にぶつかった。まずは光の波動性と粒子性について。

粒子性についてはイメージがし易い。光子が集まったものが光という様に捉えれば何もひっかかるものはない。

しかし波動性について

光というものが池に石を落としたときに広がる波紋の様なものと捉えれば何もひっかかるものはない筈なのだが、ここでいう光の波動性の波は確率と波というではないか。。

確率の波というのは互いに干渉するのであろうか?負の確率とは何なのだろうか?確率の波の振幅や周波数、波長とは何なのだろうか?

負の確率について、負のエネルギーという解釈をすると書かれたものがあり、少しだけイメージはついたのだが、本当に少しだけで負のエネルギーについては何もわかっていない。

確率の波の周波数とは何なのだろうか。

これを放置することはできない

この知識が将来役に立つのかはわからないが、ここで出会ってしまったのだから分かるまで考えようではないか。

忙しくなるぞ、、、