読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブになりたいネガティヴ日記

ダメ人間だけど頑張りたい

読書の素晴らしさ

小さい頃からあまり本を読んでこなかった私

最近になって本の良さを知った

GWになって2冊の本を読んだ

・学力の経済学

・電磁波の素晴らしい世界

その2冊について簡単に感想を述べたいと思う

 

まず学力の経済学について

これはあくまでも塾講師のバイトを始める前に教える立場として読んでおこうと思って購入した本なのだが、これがかなり衝撃的な内容であった。内容が過激という訳ではないが、今までの自分の凝り固まった考えを打ち砕くような事実を叩きつけられた。積み上げられた自分の考えがなかなか頑固な汚れの様に邪魔をし、内容を受け入れるのに難かったが、著者の述べているのことがあまりにも理に適っており、最終的には受け入れざるを得なかった。日本が抱える教育の課題について学ぶことができる素晴らしい作品だと感じた。

 

次に電磁波の素晴らしい世界について

少し古い本だったが、電磁波、通信の技術、歴史について分かりやすく書かれており、通信の分野にも興味が湧いてくる様な本だった。

電磁波というものを未だ上手く想像し、完璧に理解はできないが、自分でも分かりやすくイメージすることができた(正しいかは不明)

光というものは本当に不思議だ

波と粒子の二つの性質をもつ

そもそも波とは何なのだろうか

勉強すればするほど頭が混乱してくる

ということで次は光工学の本を読みたい

 

明日はやりたいことではなくやらないといけない事を優先してやろう!